MENU

ローンが残るクルマの査定ウラの話

ローンがまだまだ残っているくるまの買取というのは、出来ることなのでしょうか。車を販売する時、ローンがまだまだ残っていると売却できないと諦めてしまいがちです。実質的には、ローンがいくらか残っていても売却は可能なのです。
普段では、ローン会社が車の所有権と記載されている場合は、名義を自分名義にしないと売却はできません。つまり、ローン多少でも残っているタイミングで売るには、名義変更しないといけないことがあり、大切なのは所有権の所です。

 

ローンを返す方法とは

カーローンの残りを完済すれば問題ないわけで、完済する進め方は2つのパターンがあります。1つは、ローンの残債より買取額が多い場合で、この場面は、買取額からローンの残りを引いた金額が支払われることになります。
ローンの残りより査定額が少ない場合は、ローンが残ることがあるで、残債はローンを組んで払います。

 

ローン残金がのこる時

買取金額よりローンの残債額のほうが高い場合は、不足分を新しくローンを組んで支払いますが、借り換えの形をとるのが一般的です。
このとき、再度ローンを組むことになるので、利率は低くなるでしょう。ローン返済システムはしっかり整備されているので、ローン残債があっても、車の買取は問題なくできます。

 

 

新車購入,失敗,実例